MENU

契約の心得

2階建ての外国の家

無理に契約を締結する必要はない

賃貸借契約をするときには、不動産会社と相応の話し合いをしなくてはいけません。 この話し合いに関しては、時間がかかることもあります。 時間をかけて説明をしてもらった後に、自身が望む部屋でなかったときには遠慮せずにきちんと撤回の意思を伝えなくてはいけません。 賃貸借契約は無理に契約をしなくてはいけないものではありません。 不動産会社の中には、一定の話し合いを進めた場合には撤回を拒否する業者も存在します。 しかし、法律的には不動産会社のそのような意思には何の効果も存在しません。 賃貸借契約は、お互いの意思表示があってはじめて成立するなのです。 それがない限りはいつでも撤回をする事が可能なため、本人の意見を主張することが大事です。 特に、ネット社会では顔を見ない取引をすることもあるため実際の話し合いで決断を出すのは正しいことだと言えます。

撤回が了承される法律的な限界の時期

撤回は、当人同士の契約の同意がない限りは必ず受理されます。 では、法律的に認められない撤回の時期とはどのような時期なのでしょうか。 それは、契約書に判子とサインをした時なのです。 口約束で契約を同意することを入居希望者が告げたとしてもそれは契約の同意にはなりません。 法律的には、物的な根拠がない限りは契約は成立しないことになっているのです。 口約束での約束は法律上では認められておらず、仮にこのようなことがあったとしても後から撤回をする事が可能です。 賃貸借契約に限らず、これは全て契約において言えることだと言えます。 賃貸借契約の効力を第三者にもはっきりと認識させるためには目に見える形で契約書を残しておかなくてはいけないのです。